号外だにゃん

国内外で発生した事件や事故などをお伝えしていきます。 過去に起きた事件などで衝撃的なものや印象に残ったものなども取り上げてご紹介します。

    芸能



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 ごるごん ★ :2020/03/14(土) 22:12:14.05 ID:QnEFVyZY9.net

    お笑いコンビの中には、漫才やコントなどのネタだけでなく「フリートーク」が抜群に面白いコンビが数多く存在する。そこでgooランキングは、フリートークで視聴者・観客を楽しませてくれるコンビ芸人をテーマに、「最もフリートークで輝いているのはどのコンビなのか?」を500人に聞いた。

    フリートークで輝いていると思うコンビ芸人ランキング
    3位は「博多華丸・大吉」
    マイペースなボケが魅力の博多華丸と、的確なツッコミを入れていく博多大吉。博多弁による軽妙な掛け合いが人気のコンビ芸人といえば博多華丸・大吉だ。今年でコンビ結成29周年。もともと漫才のうまさや安定感には定評があるベテランだが、これはフリートークにおいても同様。

    昨年4月からは情報番組『あさイチ』(NHK)の司会を務めているが、安定感のあるトークと柔らかな物腰で視聴者の評価は上々なのだとか。今年10月29日には、同じくコンビ芸人の千鳥と組んだ新たなトークバラエティー『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(関西テレビ・フジテレビ系)もスタートし、二人のフリートークに魅了されるファンがますます増えそうだ。

    2位は「ダウンタウン」
    「お笑い界のトップ」といっても過言ではない大御所コンビ芸人・ダウンタウン。ツッコミ担当の浜田雅功、ボケ担当の松本人志は小学校時代からの同級生。仕事以外では常に別行動ですが、1982年のコンビ結成から今年で37年。二人の間には、人生の大半を共に過ごしてきた幼なじみならではの空気が漂っている。

    そんな二人のフリートークのうまさは、冠番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』を長年見ているファンには説明不要。かつて番組前半に行われていたフリートークコーナーは2009年から2017年にかけて休止され、現在では不定期となっていますが、後輩芸人も舌を巻く面白さは今も健在だ。

    1位は「サンドウィッチマン」!


    ツッコミ担当の伊達みきおとボケ担当の富澤たけし、仙台の高校で同級生だった二人による息の合った掛け合いが魅力のコンビ芸人・サンドウィッチマン。2007年にお笑い界の一大イベント『M-1グランプリ』で敗者復活戦から見事に優勝を決め、一躍脚光を浴びたのはご存じの通り。

    現在では実力派コンビ芸人として漫才で高い評価を得ている二人だが、その才能はフリートークにおいても証明済み。バラエティー番組『バイキング』の人気コーナーだった「生中継!サンドウィッチマンの日本全国地引き網クッキング」では、フリートークで絶妙な素人いじりを披露していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00010006-dime-ent


    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1584109833/


    【フリートークで輝いていると思うコンビ芸人TOP3、3位博多華丸・大吉、2位ダウンタウン、1位は?】の続きを読む



    1 Egg ★ :2020/03/14(土) 12:00:25 ID:R0EPoHWD9.net

    昨年4月から夕方のニュース番組「Live News it!」(フジテレビ系)のメインを務めるカトパンこと加藤綾子(34)が正念場を迎えている。テレビ局関係者がこう語る。

    「もともと2~3%だった視聴率は、カトパンの起用で一時期6%に迫る勢いまで回復しました。しかし今はまた苦戦しています。激戦区の夕方のニュース番組は、現在、コロナ関連のニュースを連日報じており、日によってバラつきはありますが、おおむね『news every.』(日本テレビ系)と『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)が平均6~8%でトップを争い、『Nスタ』(TBS系)がそれを猛追、フジは最下位が定位置です」

    ■話題になるのは衣装ばかり

     昨年9月に、「三代目J SOUL BROTHERS」のリーダー・NAOTOとの交際が発覚したこともカトパン人気の凋落を加速させた。最近は、体にぴったりと張り付いたニットや胸元が大きく開いた衣装がツイッターなどで話題になることもあるが、すっかり影が薄くなった印象だ。女子アナ評論家の松本京也氏はこう語る。

    「せっかくフリーになったのだから、女優やバラエティーなど、もう少し幅を広げてもよかったのでは。天下のカトパンが古巣の局で未経験の報道のメインに収まったことは意外でしたね。田中みな実や宇垣美里ら、今は話題豊富なフリーはたくさんいますから、飽きられてきているという部分はあると思います」

     前出の局関係者はこう続ける。

    「カトパンのギャラは1本当たり60万円前後とみられている。当然、フリーは結果が伴わなければすぐに降板が取り沙汰される過酷な世界。このままではカトパンといえどもリストラの対象になってしまう可能性は十分あります」

     頑張れ、カトパン!

    3/14(土) 9:26配信 日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000002-nkgendai-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【<加藤綾子リストラ危機…>視聴率低迷と交際発覚のWパンチ!「女優やバラエティーなど、もう少し幅を広げてもよかったのでは」】の続きを読む



    (出典 hayabusa.io)



    1 Egg ★ :2020/03/15(日) 06:12:34 ID:gBncpVkl9.net

    「わたくし木下は3月15日をもって松竹芸能を退所する事となりました」

     お笑いコンビ、TKOの木下隆行(48)が3月5日、ツイッターで突如退所宣言。芸能デスクが解説する。

    「相方の木本武宏(48)は残留、コンビは解散しないという不自然なもの。所属事務所はマスコミの取材に対し、本人が『会社や芸人仲間に迷惑をかけた』と退所を申し出たとしているが、実情は事務所の判断による“契約不更新”ではないか。これまでの貢献に対する温情で、自主退所という形にしたのでしょう」

     背景にあるのは木下の“悪行”だ。本誌が昨年10月に報じた、事務所の同僚、 よゐこ・濱口優(48)の結婚パーティーを巡る疑惑 。木下は後輩たちから会費を徴収したものの支払ったのは濱口。しかし木下は会費を返さず、それを追及した後輩にペットボトルを投げつけた。このことで事務所は木下を厳重注意。

    「他にも後輩芸人へのパワハラ行為の数々が取り沙汰された。事務所はBSと関西のラジオのレギュラーだけ継続。東京の仕事は入れず、経過を見ていた」(同前)

     しかし結局、退所に至ったのは、昨今の芸人スキャンダルが影響していると在阪芸能記者は指摘する。

    「ライバルの吉本興業が昨年、宮迫博之の闇営業問題に端を発し契約問題などが噴出、大ダメージを負った。笑福亭鶴瓶、よゐこ、ますだおかだなど温和なイメージのタレントを揃え独自の存在感を放つ松竹芸能にとって、パワハラや金銭問題は絶対にNGなのです」

    退所後の木下の行く末は?

     木下はTKOとして1990年にデビュー。2010年のキングオブコントでは3位に入るなどネタの評価は高く、また木下は俳優としても「警視庁ゼロ係」シリーズ(テレ東)などに出演。アパレルブランドのディレクターも務め、多方面で活躍していた。

    「もともと遊びっぷりは派手で、いまも大阪の繁華街では肩で風切って歩いている。母親や兄弟も幅広く飲食店を経営するなど、金回りはいいはず」(同前)

    “フリー芸人”木下の行く末はどうなるのか。

    「かつて太平サブロー・シローは吉本から独立し東京進出したがうまくいかず、結局解散。事務所の後ろ盾抜きには営業の仕事も取り難い。綾野剛、三浦翔平など交友関係の広さを活かし、役者業に活路を求めるか。宮迫と同じくYouTubeを主軸にするのか。いずれにしろこれまでとは違う展開が必要」(前出・芸能デスク)

     一方の木本は3月6日の「あさイチ」(NHK)で「コンビは続けます」とコメント。TKO寸前に追い込まれている木下の命運を握るのは、結局相方なのかも。

    3/15(日) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200315-00036594-bunshun-ent
    3/15(日) 6:00配信


    【<TKO木下“パワハラ退所”>後輩にペットボトルを投げつけ……フリー芸人として食べていけるか?】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 ひかり ★ :2020/03/14(土) 11:52:24 ID:l4Sffmr89.net

    歯科医師Aさんとの離婚危機が報じられたタレント小倉優子に逆風が吹きだした。

    小倉は7歳と3歳の子供を連れ立って、Aさんと‘18年12月に再婚。夫婦円満に思われたが、昨秋ごろから亀裂が生じ始めていたという。

    一報を伝えたのは3月11日発行の「サンケイスポーツ」。同紙によれば、歯科医を営むAさんが家業のこともあり小倉に「芸能界を辞めてほしい」と頼んだところ、ママタレとして活躍中の小倉がこれを拒否。

    昨年11月には2人の初子となる妊娠が判明したが、「ご主人は妊娠を知りつつ、結婚1周年記念日にあたる昨年のクリスマス直前に突然、家を出ていったんです」と、関係者の証言を載せている。今年1月には
    弁護士を通じて離婚と2人の息子との養子縁組解消を求める書類が届いたという。

    記事によれば、小倉は親しい知人に「夫は一生懸命、家庭に尽くしてくれたのに私が甘えてしまった。別居直前まで夫婦関係は良好だと思っていたのに…」と涙ながらに告白。「夫がこんなにも怒りっぽい人とは 思わなかった。でも、子供たちや生まれてくる子のためにも、元の関係に戻りたい」と話していたという。これを受け、ネット上では小倉に対する同情論が殺到したが……。

    3月13日放送の『グッド! モーニング』(テレビ朝日系)では、渦中のAさんが反論。映像も音声も流さず、夫が語ったことを読み上げる形で放送された。

    Aさんは「事実と反する報道がなされていることについて、本当に残念に思います」と切り出し、

    「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは一度もなかったです」と明かした。

    さらに、昨年のクリスマス直前に突然家を出たという話にも「私から一方的に家を出た事実もありません」。

    一部で小倉のお腹の中の子供に「会いたくない」と報じられたことに関しても「お腹の子に限らず子供たちを本当に大切にしていましたし、子供たちも私のことを今も大切に思ってくれているので、流れとしては
    私が最も望まない形になっている」と強調した。

    食い違う双方の主張。一体どちらが正しいのか……?

    「このネタを追っていたのは、実は『女性セブン』でした。ところが、週頭にセブンが小倉さんの所属事務所に事実確認の問い合わせをしたところ、なぜか先にサンスポに出てしまった。

    サンスポも同じネタを追っていた可能性はありますが、業界では『小倉の事務所がサンスポに流したんだろ』ということで通っています」(ワイドショー関係者)

    この手の“スクープ潰し”はマスコミ業界では日常茶飯事で、仕方のない部分はある。ただ、サンスポの記事が“ゆうこりん擁護”の内容だったため、昨年大炎上した「あの一件」を思い出した人も多かった。

    「木下優樹菜さんの“タピオカ店騒動”ですよ。彼女と小倉さんは同じ事務所の所属で、人気のママタレという立場も一緒。どうしても同じように世間に色眼鏡で見られてしまう。妻と夫の言い分が180度違うにも
    かかわらず、ネット上では木下さんの時のような逆風が小倉さんに吹き始めています」(スポーツ紙記者)

    稼ぎ頭だった木下に続いて、小倉まで潰れてしまったらシャレにならない。事務所が彼女の今後を心配するのは、ビジネス的にも自然な流れだ。

    「理由がどうであれ、約1年でのスピード離婚は”ママタレ”のイメージには大きなマイナスなのは間違いない。小倉は何とかして元サヤに戻ろうと努力しているようだし、事務所もそれも全力でバックアップしている。
    その願いが夫に通じるかは、神のみぞ知るというところでしょうかね」(テレビ局関係者)

    小倉にとっても、事務所にとっても正念場になりそうだ――。

    FRIDAYデジタル

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200314-00000001-friday-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1584140135/


    【離婚危機の小倉優子 夫のまさかの“反撃”で一転「ママタレ危機」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 Egg ★ :2020/03/15(日) 07:30:11.47 ID:9vyMMK4I9.net

    3月10日未明、東出昌大(32)と桐谷健太(40)がダブル主演を務めるドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)のクランクアップを迎えた。

     監督が「はいっ。カット!」と叫ぶと、一応、スタジオ内に拍手は起きたものの、現場にはどんよりとした重い空気が漂っていたという。

    「今回は東出さんにかき回された印象です。ロケ現場には常に芸能マスコミの目が光っていましたし、何より東出さんと他の共演者さんとの距離感を調整するのに本当に苦労しました」(スタッフのひとり)

     ドラマの撮影を終えたことで東出は一両日中に杏(33)と久しぶりに顔を合わせるという。

    「離婚はひとまず回避の方向で話が進んでいます。杏さんは東出さんの裏切り行為に今も怒っていますが、別居期間中に子供たちが『早くパパに会いたい!』と訴えたことに心を動かされたようです。

    ただ、関係を修復するとしても、すぐに家族そろって生活するかは微妙です。1月下旬に『週刊文春』が不倫疑惑を報じてから、杏さんは幼い子供たちと海外に行ったと報じられました。

    それはカメラのシャッター音を怖がる子供を守るためだったといいます。東出さんが家に戻れば再びマスコミの取材攻勢が強まるでしょうから、家族でどこかに避難することも視野に入れることになる。まずはその場所を決めることになりそうです」(芸能関係者)

    20/03/15 06:00 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/270454


    【<杏&東出昌大>“仲直り”家族旅行計画!土俵際で離婚回避か?『早くパパに会いたい!』と訴えたことに心を動かされたよう】の続きを読む

    このページのトップヘ